豊胸手術をする際に必ず知っておきたい情報


女性にとってバストの豊かさや形というのは気になるものです。一般にバストが大きく美しい形である女性が魅力的であるという風潮により、テレビや雑誌などでもよくバストアップ方法がとりあげらています。 バストの悩みは人それぞれで、多くは「胸が小さい」「授乳後に胸が下に垂れてしまった」などの悩みが多いようです。ですが、胸の豊かさや形はスキンケアやダイエットなどと違って思うように理想的な状態にはならないものです。 豊胸手術は、麻酔を使用する切開手術であり、バッグ挿入法では人にとって異物であるバッグを体内に挿入する方法です。従来は、麻酔の危険性やバッグ破損のリクスが高くトラブルも絶えませんでしたが、近年では美容外科手術の技術向上とバッグの性能が飛躍的に向上したためトラブルが劇的に軽減されています。

豊胸手術はバッグ挿入法と脂肪注入法がメイン

豊胸手術には大きく分けてバッグ挿入法と脂肪注入法、ヒアルロン酸注入法の3種類があります。 バッグ挿入法はワキの下などの目立たない部分を切開してバッグを挿入してバストアップできる方法です。バッグ挿入法は切開手術で体内に異物を挿入する方法であるため、術後のアフターケアや注意点をよく理解する必要があります。 脂肪注入法は、自分の脂肪を太ももやお尻などから吸引して、その脂肪を安全な状態にした後、それを胸に注入する方法です。この脂肪注入法は、自らの脂肪を使用するため安全性が高いといわれていますが、実際には注入した脂肪がしこりになる可能性があることなどの問題点があります。 また、その他にもヒアルロン酸注入という方法や、エステなどでは光豊胸といって特殊な光を当ててバストアップを促す方法もあります。